Androidのおすすめパスワード管理アプリKeePass2Android

整理整頓

こんにちは、はな夫(@logicalifer)です。

今回は、Androidでパスワード管理アプリであるKeePassを使うための方法をご紹介します。

前回、WindowsパソコンにKeePassを導入しましたので、OneDriveを使ってデータベースを同期させて、パソコンとAndroidスマホのどちらからでも使用できるようにします。

アプリのインストール

Google Playから、下記のアプリをダウンロードします。

  • Keepass2Android
  • OneDrive

OneDriveのセットアップ

まず、クラウドアプリであるOneDriveからセットアップします。

Windowsで使用したmicrosoftアカウントを利用してログインするだけでOKです。

KeePass2Androidのセットアップ

次に、Keepass2Androidをセットアップします。

Keepass2Androidを起動します。

表示された画面から、「ファイルを開く」を選択します。

ファイルの場所を選択します。今回はOneDriveに登録していますので、OneDriveをタップします。

OneDrive(すべてのファイルと共有ファイル)をタップします。

Microsoftのサインイン画面になります。メール、パスワードを入力します。

すると、Keepass2Androidとの連携の画面が出てきますので、続行をタップします。

Keepass2Androidの画面に戻り、OneDriveのフォルダ内が表示されます。(Androidスマホのセキュリティの関係で以降スクリーンショットは取れませんでした)

Windowsで作成したデータベースファイルがあるところまでいき、タップします。

すると、マスターパスワードの入力画面が開きます。

マスターパスワード入力が成功すると、Windowsで作成したパスワードが表示されます。

データベースを開く

2回目以降の使い方です。(と思いましたが、先程同様スクリーンショットが撮れないので、やることだけ記載します)

Keepass2Androidでデータベースを開きます。

Windowsで作成したデータベースファイルを開きます。

Windowsで設定したマスタパスワードを使います。

テストで登録したtwitterのユーザ名とパスワードが*****で表示されます。

タップすると、通知領域にKeepass2Androidの表示が出て、ユーザー名とパスワードをそれぞれタップできるようになります。

どちらかをタップすると、クリップボードにコピーされるので、貼り付ければOKです。

まとめ

Androidで、Windowsで作成したKeePassを開いて同期する方法をご紹介しました。

この方法を使えば、WindowsでもAndroidでも同じサービスを使う際に、パスワードを覚える必要なく使用することができます。

また、どちらで新規のパスワードを増やしても、自動でクラウド上に同期されていくため、バージョン管理が失敗してぐちゃぐちゃになる心配もありません。

複数の端末を使い分けていて、パスワードを管理するのが大変な方は是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました