我が家の2021年投資結果(2021年2月末)

財テク

こんにちは、はな夫(@logicalifer)です。

今回は、2021年2月末における、我が家の2021年投資結果をご紹介します。

我が家では、夫婦それぞれのNISA枠を利用し、毎月20万円を投資にまわしています。

投資のやり方としては、夫婦それぞれがNISA枠毎月10万円を自分の方針でつかい、お互いの運用方法には口を出さない戦略をとっています。

この戦略の経緯は下記の記事に記載しています。

夫婦のそれぞれの投資の結果はどうだったのか、結果を公開いたします。

はな夫の投資方針

はな夫の2021年の投資方針は下記の米国高配当ETFに積立投資していくことにしました。

  • SPYD:80%
  • HDV:20%

昨年までは日本の投資信託に分散投資していたのですが、この頃の米国ETFの人気に乗っかることにしました。

また、最近は円高が続いているため、そろそろ少し戻ってくるのではないかという考えもあります。

はな子の投資方針

はな子の2021年の投資方針は下記の投資信託に投資していくことにしました。

  • 大和ーiFree 日経225インデックス:50%
  • SBIーSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド:50%

昨年までは日本の投資信託に分散投資していたのですが、信託報酬の低いインデックスファンドに乗り換えました。

信託報酬の低いインデックスファンドで長期保有をしていきます。

2021年1~2月の投資結果

2021年2月末時点の投資結果は以下となりました。

銘柄積立額評価額損益
SPYD134,437円139,180円4,743円
HDV37,958円37,615円-343円
日経225インデックス100,000円98,964円-1,036円
S&P500インデックス100,000円100,826円826円
合計372,395円376,585円4,190円

2月は、日経平均が3万円の大台を超えた記念すべき月でしたが、月末に急落した関係で、日本株がマイナスになる結果となりました。

しかし、米国株はそこまでの急落が月末に起きなかったため、全体的にはプラスに転じて、+1.1%という結果になりました。先月末が-1.3%だったため、持ち直してきたことになります。

まとめ

以上、我が家の2021年2月の投資結果をご紹介しました。

今月は損益がプラスに転じて一安心になった月でした。

共働き夫婦、子育て家庭の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました